社債投資

投資にも多様な種類がありますが、その中の1種「社債投資」についての基礎知識を解説します。

社債とはどんな投資なのか、その種類やメリット・デメリットを確かめてみてください。
特に社債の特徴や国債との違いについて着目することをおすすめします。

そもそも社債とは

「債券」とは資金調達のためにさまざまな団体が発行し、投資家が購入する有価証券です。
国が発行すれば「国債」、地方公共団体が発行すれば「地方債」、そして企業が発行した債券は「社債」と呼ばれます。

社債を含め、これらの債券は基本的には借入と同じ意味を持ちます。そのため債券を購入した投資家には、一定の期間、利息が支払われることとなります。

債券には通常、満期日や償還日と呼ばれる期日が設定され、社債を発行した企業もその日には元本を全て返済しなければなりません。

社債にも種類がある

社債には種類があり、それぞれ異なる特徴を持っているので紹介いたします。

普通社債

「普通社債」は広く知られ、取り引きも多い社債です。
あらかじめ期間が定められており、投資家は満期までの間に一定の利息を受け取ることができます。
さらには満期になる前であっても、市場で売却、または譲渡が可能で、現金化したい際に利用できます。

劣後債

普通社債よりも元本の返済と利息の支払いといった優先順位が劣る債券は「劣後債」や「劣後債券」と呼ばれています。
普通社債の元利金(元金と利子)などが全額支払われたあとに、劣後債の元利金は支払われます。

転換社債

「転換社債」は「転換社債型新株予約権付社債」を略したもので、事前に取り決められた条件により株式へといつでも転換できる権利を持つ社債です。
株価が転換価格を上回ったとき転換して売却すれば、その分の利益を得られることとなります。
また、株価が上回らない場合であっても債券のままにしておけば定期的に利息を得られ、満期には元本が返却されるというメリットがあります。

ワラント債

ワラント債とは、その企業が発行した新株を一定の価格で優先的に購入できる権利「新株引受権」(ワラント)を持つ社債のことです。
ワラント債には分離型と非分離型の2種類があり、現在は分離型が一般的です。分離型は社債とワラントを切り離して、別々に販売することもできます。

仕組債

「仕組債」は一般的な債券にはない特別な「仕組み」をもつ債券のことで、キャッシュフローを交換する「スワップ取引」や、事前に決められた価格で売買の権利を取り引きする「オプション取引」などを利用するものです。

社債投資のメリット

社債投資にはどのようなメリットがあるのかを紹介します。

市場相場に影響されにくい

社債のメリットの1つに、市場相場での変動に影響を受けにくいことが挙げられます。

株式とは異なり、社債は投資家からの借金という一面を持っています。そうした理由から、たとえ市場が変動していたとしても満期日には元本が満額で返済されます。

国債に比べて高い利率がつく

社債は国債と比べ、一般的に利率は高めです。
ただし、それは社債が国債よりもリスクが高いとみなされているとも言い換えることができます。
国債と比較するとハイリスク・ハイリターンであるたけに利率も上がっています。

社債投資のデメリット

メリットだけでなくデメリットを知っておくことで投資リスクの回避につながります。

企業が破綻した場合に満額の元本が戻ってこない可能性がある

社債投資のデメリットとしてまず挙げられるのが、万一、社債の発行元である企業が倒産するなど破綻した場合、預けた元本が満額で戻ってこないというリスクがあるという点です。

そのため社債を購入する前には事前にその企業の業務成績などを考慮し、デフォルトに至らないかどうかなど社債にリスクの有無を推し量る必要があります。

投資資金は大きめ

社債の投資資金はだいたいにおいて大きく、大口投資家向けの証券であり、個人投資家にはあまりおすすめできません。
個人向け社債もありますが、やはり購入単位は比較的に高額で、株式のように少額投資は難しくなります。

計画的な投資をしやすい社債

ここでは社債の種類やメリット・デメリットについて主に説明しました。
社債にも多くの種類があり、それぞれの特徴にも違いがあることをおわかりいただけたかと思います。
また、市場相場の影響を受けにくい社債は、投資家が計画的に投資を行いたい場合に適しているとも言われています。
社債への理解が深まったところで投資を検討してみてはいかがでしょうか。