オプション取引とは

こちらの記事では、デリバティブ(金融派生商品)のひとつである「オプション取引」について基礎的な知識を紹介していきます。投資について正しい知識や理解を得たいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

オプション取引の仕組み

「オプション(Option)」は、「選択する権利」を意味する言葉ですが、「オプション取引」は、対象の商品をあらかじめ決められた期日または期間内に、あらかじめ決められた価格で「買う権利」や「売る権利」を売買する取引を指しています。 例えば、買い手としての立場でのオプション取引の例ですが、「5月1日に、特定の商品を1万円で購入する(売る)権利をください」という内容の契約を締結することを指します。

オプション取引の場合、上記のように「買う権利」について売買を行うケース、「売る権利」を売買するケースがあります。また、取引を行う対象も「株価指数」「個別株」「国債先物」など多彩なものがあります。

ミニオプション取引とは

日経225オプション取引には、「ミニオプション取引」と呼ばれるものもあります。これらは取引単価が主な違いとなっています。日経225オプション取引の場合には「プレミアム単価の1,000倍」での取引が行われますが、日経225ミニオプションの場合には「プレミアム単価の100倍」の取引が行われます。

このように、オプション取引と比較するとミニオプション取引では10分の1の単位での取引が可能となるため、スタートしやすいといえるでしょう。

オプション取引のメリット

レバレッジが効く

オプション取引では「レバレッジ」が効くため、小学の自己投資で大きな市場へ参加することが可能となります。例えば、50万円の自己資本では通常は50万円のボジションを持つことになりますが、10倍レバレッジを使用した場合には50万円の自己資本で500万円のボジションを持てるようになります。

ただし、レバレッジはリスクを高めることにもつながりますので、しっかりとしたリスク管理が必要です。

買い手の場合損失が限定

オプション取引の場合、買い手は将来の特定の価格で資産を買う権利・売る権利を持っています。しかし、これらの権利を行使しない場合には、買い手は購入時の料金を支払うのみで済みます。他の投資方法の場合には、購入した資産の価格が落ちるとその分損失が大きくなりますが、オプション取引の場合はそのようなことがありません。

このように、買い手においては市場がどのように動いたとしても損失が限定されており、損失がより大きくなってしまうといった心配をせずに済みます。

オプション取引のデメリット

証拠金が必要

オプション取引を行う場合には、証券会社やブローカに預ける資金である「証拠金」が必要です。オプション取引はレバレッジが利用できるのはご紹介した通りです。レバレッジによって損失が大きくなってしまった場合には、最低限のポジションを保つのが難しくなります。このような状況において、証拠金はポジションを保つのに最低限必要な資金の確保を目的としています。

取引に期限がある

オプション取引の特徴として、満期日がある点が挙げられます。満期日までに権利を行使する必要があります。誤ったタイミングで取引を行ったり、長期保有をした場合には、時間の経過に伴い損失が増えると考えられます。

まずは投資に関する知識や理解を深めることが大切

こちらの記事では、オプション取引についてご紹介してきました。投資は、自分の資産を増やすためにできる選択肢のひとつであるといえます。ただし、リスクもありますのでまずは投資に関する知識や理解を深めることが必要。その上で、適切な投資判断を行っていくことが大切です。