金融派生商品とは

投資初心者にとっては投資に関する用語は難しいものが非常に多く、どの投資にどんな特徴があるのかを理解するのも一苦労です。ここではその中でも金融派生商品とは何か?またその種類にはどのようなものがあるのかを紹介します。

デリバティブの種類

金融派生商品はデリバティブともいい、通貨や債権・株式・商品などの「原資産」のリスク回避を目的とした取引をいいます。例えばFXは外貨の先物取引をするデリバティブであり、さまざまな取引形態が存在します。

先物取引

デリバティブにおける先物取引とは、特定の原資産に関して特定の期日(受け渡し日)にあらかじめ決められた価格で売買を行う約束をする取引のことをいいます。株価指数や債権・石油・貴金属・農産物などを原資産としながら、金融商品取引所に上場されているものの取引を行います。

オプション取引

オプション取引は特定の原資産に関して特定の期日(受け渡し日)にあらかじめ決められた数量・価格で受け渡しを行う「権利」を売買する取引のことを言います。買う権利のことを「コールオプション」、売る権利のことを「プットオプション」といい、オプションの購入者はこれを行使することも放棄することも可能で、損失を限定できるというメリットのある取引形態です。

スワップ取引

スワップとは「交換」を意味する言葉であり、金融取引においてはお互いが将来に発生する金利債務などのキャッシュフローを交換する取引のことを示します。同じ通貨で異なるタイプの利息を交換する「金利スワップ」のほか、異なる通貨で利息などを交換する「通貨スワップ」「クーポンスワップ」などの商品が存在します。

フォワード取引

フォワード取引は「先渡取引」ともいい、将来の特定日または一定期間後において、契約時に設定したさまざまな条件に基づいて受け渡しを行う商品となっています。通常は受渡日までの期間における金利を考慮しながらレートを決めることが多く、将来の為替リスクのヘッジなどに利用されることが多いです。

デリバティブ活用術

リスクヘッジ

デリバティブが取り扱われる理由の一つに「リスクヘッジ」があります。リスクヘッジとは通常であれば投資家が背負わなければならないリスクをさまざまな形で分散・ケアするものであり、保有している原資産にある価格変動リスクを回避するための取引を行うことにより、想定外の大きな損失の発生を防ぐことが可能になります。

アービトラージ

アービトラージは「裁定取引」という意味の言葉であり、金利差や価格差に注目することで割安な投資対象を買い割高な投資対象を売るポジションを取ることにより、両者のサヤを抜こうとする手法のことを意味します。両者における価格が収縮した場合などにおいて反対売買を行うことができると大きな収益を上げることが可能になります。「サヤ取り」や「スプレッド取引」などと呼ばれることもあります。

スペキュレーション

スペキュレーションは投機的な取引のことを指す言葉であり、リスクを取って行う売買取引です。投資よりもハイリスクハイリターンであり、為替相場の変動などを利用しながら短期的な利益を狙って行います。一般的に投資はリスクを押さえて堅実に運用することが勝ちパターンとされていますが、スペキュレーションは不確実だが当たれば大きいというリターンを狙って行う取引を意味しています。

正しい知識で正しく投資を

投資は難しい用語がたくさん出てくるため、初心者は知識不足でうまく運用できず損失だけを出してしまうという可能性もあります。そのため、投資を実行する際には正しく知識を付けたうえで目的に合った運用ができるように学んでおきましょう。